家賃を払えない!ピンチを乗り切った私の体験談

キャッシングに頼らずに働きまくった4か月間

私は当時あるブラックな職場で働いていました。
完全歩合制でノルマがありノルマを達成しないと一円ももらえないのでした。
私はそこで毎月ノルマを達成してそこそこいい給料をもらっていたのですが半年に一度ためたお金で海外に旅行に行っていたのでお金はぜんぜんたまりませんでした。

 

数か月そこで働いた私は最後の月に働いた分は後で振り込みされるのでその分を家賃の支払いに回すことにし、海外旅行にでかけたのです。
ところが旅行から帰ってくるとどうでしょう、なんとその職場の責任者が夜逃げしてしまい給料どころではなくなっていたのです。
その時点で私の持っていたお金は数千円で明日食べるお金も足りないくらいでした。
一瞬こちらも泣きたくなりましたが何とかしてお金を稼がないといけません。
実家に泣きつこうかと思いましたが心配かけてはいけないと思いなおし、片っぱしから求人広告を手にとって職探しを始めました。

 

給料が高い求人を探し、マネキンの登録会社で昼は派遣で販売業と夜はスナックでのバイトを始めました。
スナックが終わるとまた別のバーで朝方まで仕事をするトリプル掛け持ちです。
しかも夜の仕事は日払いにしてもらいました。

 

こうして月末まで2週間ほどあったのでなんとか家賃を払うことができたのです。
仕事がすぐに見つかったのもラッキーでした。
しかしトリプル掛け持ちはさすがにきつく朝方帰ってきてほとんど寝る時間もなくまた昼の仕事に出勤です。
4か月続けましたがさすがに体を壊しそうだったので夜の仕事はやめました。
今思うとロボットのように毎日休みもなく働いた4か月でしたし、ちょっとでもいいからキャッシングしておけば楽だったかな、とは思います。